探偵を雇ったことある人に聞きたい浮気調査の失敗談

探偵を雇ったことある人に聞きたい浮気調査の失敗談

自分自身で浮気調査をして失敗する方は大勢います。浮気調査は思っている以上に難しく、裁判で使えるような証拠を押さえるのは素人では不可能に近いです。

ですので、やっぱり本格的な浮気調査はプロの探偵に頼んだ方がいいわけですが、

せっかく探偵を雇っても残念ながら失敗してしまうことはあります

これから探偵を雇おうと思っている方には、貴重な失敗談を紹介しますので参考にしてみてください。

自分のミスで浮気調査が失敗してしまったケース

自分のミスで失敗

探偵を雇って調査を進めていても、ふとしたことで依頼者がNG行動を取ってしまうことがあります。

探偵に依頼して注意されることとしては以下のようなことがあります。

  • 感情的にならないこと
  • 相手を警戒させるような言動を取らないこと
  • 自分で行動しようとしないこと

浮気調査の失敗談1

まずは感情的になってNG行動を取ったことで、相手を警戒させてしまった方の失敗談を紹介します。

実際にあったケースですと、配偶者がお泊りして帰ってきた翌日、ついつい感情が抑えられなくなり、「いい加減にして!今、調査してるんだから証拠が集まったら2人とも訴えてやるから!」と叫んでしまったお客様がいらっしゃいます。

引用元:https://www.tantei-japan.jp/category/2089791.html

こう叫びたくなってしまう気持ちはとても良く分かります、、、

当然ですが、浮気調査を探偵に依頼していることがバレてしまった後はパートナーの警戒が高まって証拠を取らせてくれるような不貞行動は控えられてしまいます

せっかく探偵に高い費用を払って依頼しているのに台無しですね。

浮気調査の失敗談2

次に依頼者が自分で余計な行動をしてしまった失敗談を紹介します。

ある浮気調査の調査開始後5日目の出来事です。それまで、調査対象者(依頼者の妻)に目立った動きは無く、この日、調査対象者(以下女)と浮気相手浮気相手と思われる男性(以下 男)とが調査開始後はじめて接触したのです。

そして、待ち合わせの場所である某娯楽施設の駐車場で男は、その駐車場にとまっているクルマの中を1台1台覗き込むという暴挙に出たのです。それまで私は調査対象者達に姿もクルマも1度も見られていないのに何とも不可解な行動です。

調査終了後から分かったことですが・・・。この浮気調査の依頼者様は、リアルタイムでの中間報告(通常は行いません)をどうしてもと、強く望まれる方でしたので絶対に余計な事をしないという約束でライアルタイムで女の動きを報告しました。そして、何と驚くことに、この方はそのリアルタイムの報告毎に奥様に「どこ居るんだ」と電話をしていたそうです。そして、対象者たちは夫が会社を休んであとをつけているのではないかと疑ってそのような行動をとったそうです。依頼者様が自分自身で証拠をとるチャンスをぶち壊してしまったのです。

引用元:https://spytantei.com/story/

探偵事務所が言うには、特に男性はこのような勝手な行動を取ってしまうことが多いらしいです。

探偵に依頼をした以上、信じて調査が終了するまで辛抱強く待つということがとても大事です。頭では理解していてもどうしても自分を止められない方もいるのでしょうね、、、

探偵のミスで浮気調査が失敗してしまったケース

探偵のミスで失敗

ここまでは依頼者側のミスによる失敗談でしたが、探偵側がミスをする場合もあります。

浮気調査の失敗談3

探偵事務所の調査員が尾行に失敗して気づかれてしまった失敗談を紹介します。

調査員は2人とも対象者に尾行をしている事が発覚してしまい、駅員に報告されてしまいました。駅員は調査員に対して、事務室に来るように促しましたが、なにか取り返しのつかない事になると感じてしまい、走って逃げてしまいました。追いかけられはしましたが、その日は捕まる事はなく、逃げ切る事が出来ました。

しかし、逃走の際に携帯電話を落としてしまい、その携帯電話を警察へ届けられ、その携帯電話から持ち主を調べられて、警察へ出頭するようにと通知が来てしまいました。

引用元:https://uwakichousa.co.jp/investigation-of-big-failure/

上の事例では完全に尾行がバレてしまい通報までされてしまっていますが、中には徒歩での尾行中にターゲットが突然タクシーに乗るなどして見失う場合もあるようです。

あまり多くはないかもしれませんが、こういった探偵事務所側のミスは一切起きないという保証はないのが現実です。

最悪なケースでは、依頼した探偵社が悪徳業者で、大した調査もしてくれず証拠も出てこないのに料金支払いを求められるということもあるので探偵事務所は慎重に選ばないといけません。

探偵への依頼で失敗しないようにするには

探偵への依頼で失敗しないようにするには

依頼者が自分自身の行動で調査を失敗させてしまうことは自分で避けることができます。

でも探偵事務所側のミスで調査が失敗してしまう場合には私たちは何もすることができませんよね。

調査が失敗した時どうなる?

調査が失敗した時にはどうなるのか?もちろん料金は発生しないと信じたいところですが、探偵事務所の中には最悪な対応をしてくるところがあるのも現実です、、、

前払いをしている際にはひょっとしたらお金が返金されない可能性というのもありますし、そこで探偵社を訴えて返金対応を迫るということも面倒です。

調査失敗してもデメリットがないのがベスト

それを考えると、なるべく後々のトラブルを避けるためには後払いに対応してくれる探偵社を選んだ方がいいです。

でも残念なことに後払い制度を導入している探偵事務所というのはあまり多くないのが現状、、、

ちなみに、後払いというのはローンやクレジットカードでの支払いができるということではありませんし、支払い自体が後払いでも、料金を払う義務が発生していては同じことです。

完全成功報酬の探偵事務所を選びましょう

調査失敗してもデメリットがない探偵事務所というのは、完全成功報酬の仕組みを採用している探偵社です。

成功報酬という場合には「成功」の定義がとても重要になってきますが、その中でも「証拠が取れること」を成功と位置づけている場合を完全成功報酬と言います。

証拠が取れなかったらお金を支払う必要がありませんので、探偵側がミスをしたら私たちは何も損はしないのがこの制度の大きなメリットなんです。

ただ問題は完全成功報酬を取っている探偵社がもの凄く少ないことですが、以下の大阪探偵社ランキングではこの仕組みを採用している安全な探偵社が入っていますので気になった方は是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA